日帰り白内障手術

白内障手術の進化

医療機器と技術の進歩により、白内障の手術が入院せずに日帰りでできるようになりました。手術時間は5〜10分ほどで終了し、ほとんどの方が翌日には両眼で物を見ることができるようになります。
外来手術で心配される感染に対しては、院内感染を防止するため、手術室はクリーンルーム(無菌室)。外来とは別棟に接ししており、最新技術・最新設備で白内障手術、緊急種手術に対応します。

白内障手術とは

濁ってしまった水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを挿入して再び良好な視力を取り戻す手術。最新超音波手術機器を使い、顕微鏡下での精密手術を実施します。近視や遠視が強い方、左右の度数に差がある方など、その方に合わせて眼内レンズの度数を調整していきます。当院では、患者さまの生活スタイルや趣味などをお伺いしながら、最適なレンズをご提案します。

白内障手術の流れ

日帰り白内障手術のステップ

STEP.1 カウンセリング

手術後にどう見えるかは、想像しづらいものです。患者さまの生活スタイルや趣味などをお伺いすることはもちろん、「よく見えるようになったらに何をしたいですか」など、きめ細やかなカウンセリングをによって、ぴったりのレンズをご提案します。

STEP.2 精密検査

IOLマスター・眼軸長検査

目の中に入れる眼内レンズの度数を決めるため、眼の長さと角膜の形状を測ります。

散瞳検査・眼底検査

瞳孔を開き、水晶体や眼底のすみずみまで確認します。

角膜内皮細胞検査

手術を安全に行うために角膜内皮細胞が
減っていないかを調べます。

OCT

白内障以外にも視力低下の原因がないかを確認するため、
網膜上の検査を行います。

OCT
OCT

内科検診(血液心電図検査)

感染症の有無、現在の健康状態の確認が必要です(血液検査、心電図、血圧など)。

STEP.3 手術

院内感染を防止するため、クリーンルーム(無菌室)で手術を行います。来院されてからお帰りになるまでの時間は約1〜2時間ほど。手術時間は5〜10分ほどで終了します。

手術

STEP.4 休憩

手術後は、リカバリールーム(休憩室)で、お休みいただきます。眼帯をしたまま帰宅していただき、そのまま安静にお過ごしください。

リカバリールーム

STEP.5 手術後

レンズが正しい位置に固定されているか、炎症や出血が起こっていないかなどを確認する大切な診察です。ご来院時に眼帯を外します。その後、眼帯は不要になりますが、約1ヵ月は保護用ゴーグルをご使用ください。
手術後2週間は、切開創が完全に浮いていませんので、できるだけ安静にお過ごしください。

STEP.6 定期検診

6ヵ月間は、月1回、定期検査を受けてください。その後は、各個人で変わります。
定期検査は手術後の回復の状態を知り、また合併症の早期発見のためにも非常に大切です。また見え方が急に変化したり、何か異常を感じたりした場合は、検診日以外でも受診してください。

診療時間

 
午前 ● ● ● ー ● ●
午前 ● ● ● ー ● ●
午前 9:00-12:00
午後 3:00-6:00

休診日

木曜日、日祝日

年末年始・夏季休暇

1ヶ月前迄にお知らせいたします。

アクセス

Google map でみる

  • 愛知県田原市田原町殿町50番の2
  • TEL.0531-22-2710
  • FAX.0531-22-3923
  • 駐車場40台分完備